********************
**オススメ運動プログラム**
********************


ダイエッターの運動目的
ダイエット中の人が運動を熱心に行うのには、2つの大きな目的があります。それは「筋肉をつけるため」そして「脂肪を燃焼させるため」です。

基礎代謝と筋肉
運動をすることで筋肉量が増え、その結果基礎代謝量も増加するため、摂取したエネルギーや蓄積した脂肪が燃えやすいカラダになります。

筋肉には「速筋(白筋)」と「遅筋(赤筋)」という2種類があり、それぞれの機能が異なります。ダイエッターにオススメなのは、ゆっくりと収縮して脂肪を燃やす「遅筋」を鍛える運動です。

脂肪を燃やしてエネルギーに!
運動をするためのエネルギーは、体内の脂肪が分解され、脂肪酸となったものが燃焼されて生まれます。運動量を増やせば、脂肪の燃焼量も増えます。

有酸素運動と無酸素運動
運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。筋肉をつけるためには「無酸素運動」が、脂肪を燃やすためには「有酸素運動」が有効ですが、それらをバランスよく組み合わせることが、キレイなカラダ作りに大切です。

脂肪を燃やす有酸素運動
有酸素運動は、主に「遅筋」を使って行われます。負荷の低い運動を20分以上継続して行うために、運動のエネルギー源として体内にある体脂肪が燃焼して使われます。<現在脂肪がついてしまっている人が脂肪を落とす>のに有効です。

筋肉を増やす無酸素運動
無酸素運動は、主に「速筋」を使って行われます。瞬発的にエネルギーを使う運動を短時間行うため、糖質をエネルギー源としています。全体的な筋肉量が増えるため、<基礎代謝を増やして太りにくいカラダを作る>のに有効です。

BACK

アロマでほんわり