********************
**肥満が引き起こすカラダのリスクとは?**
********************


肥満が引き起こすもの
肥満になると、どのような健康障害が出てくるのでしょうか?

肥満のリスク
1) 心臓への負担
肥満になり体が大きくなると、毛細血管もその分長く伸びます。すると心臓は、今までより遠くへ血液を送らなければならなくなり、心臓に負担がかかります。
肥満の場合、心臓病の死亡率は普通体重の人の1.5倍の割合で高くなっています。
2) 膝・腰への負担
歩くとき、膝には体重の2〜3倍の荷重がかかります。肥満は、変形性膝関節症の原因となるなど、膝や腰への負担を大きくします。
3) 睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群の原因の1つとして、首周りに脂肪がついて気道が狭くなっていることが挙げられます。
4) 生活習慣病
高血糖、高血圧、高脂血症などさまざまな生活習慣病を引き起こした状態、「メタボリックシンドローム」の原因となります。
5) 婦人科の疾患
肥満は卵巣機能の異常を引き起こし、その結果月経異常や月経不順、不妊、子宮ガンや卵巣ガンにかかりやすくなります。
また、肥満の人は閉経後も女性ホルモンの濃度があまり下がらないため、乳がんの原因になるとされています。

BACK

アロマでほんわり